<< カーリングカップ チェルシーvsバーンリー | main | プレミアリーグ第14節 チェルシーvsニューカッスル >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プレミアリーグ第13節 WBAvsチェルシー

チェルシー(A)

GK
23クディチーニ
DF
2イバノビッチ、17ボシングワ、18ブリッジ、26テリー(→19フェレイラ@86分)
MF
8ランパード、12ミケル、20デコ
FW
15マルダ、21カルー(→13バラック@68分)、39アネルカ(→11ドログバ@74分)

その他ベンチ入り
40イラーリオ、3As.コール、16シンクレア、27ミネイロ


WBA0−3チェルシー
<得点者>
ボシングワ(33分)、アネルカ(38分)、(45+1分)




またアネルカが点を取りましたね。笑

今までは「大したゴールはないけれど、得点という結果を出しているんだから評価してあげなければいけない」的な感じで評価してきましたが、もう完全にチームの大黒柱としての評価を与えても良さそうです。月末のアーセナル戦でこの評価が覆らないことを祈りますが。

アネルカは金曜のすぽると!で軽く特集されてました。黒人アスリートの特集で、バスケのコービー・ブライアントとアネルカが同等に扱われてましたね。コービーと同等に扱われるなんて、アネルカも大出世です。アネルカがエミネム風に悪い感じでカッコつけていた写真が妙に似合ってて笑いましたが。

アネルカは得点ランキングを完全に独走し始めました。それもそのはず、プレミアの最近3試合で7点もとってますからね。驚異的です。


先制点はボシングワでした。



どうでもいいですけど、相変わらずマユゲが太いですね。笑 このパフォーマンスはマユゲのパフォーマンスなのでしょうか。笑 個人的には向こう側から地味に見ているブリッジがツボです。笑

ミケルの守備はさすがにマケレレ並とはいかないのでサイドバックがあそこまで上がることには少々の不安は感じますが、ボシングワとAs.コール並びにブリッジには今まで通りバンバンオーバーラップして行って欲しいですね。


そのAs.コールですが、試合出場がほぼ不可能という状態なのにベンチ入りしていたようですね。一部情報では30分程度なら出場可能だったということらしいですが、左SBの控えにはフェレイラもいますし、そのベンチ入りの枠は若手に譲っても良かったんじゃないでしょうか。まぁドログバとバラックの途中交代は恐らく決定していたことと思われるので、若手がベンチ入りしたところで出場機会があったかはビミョーですけど。

っていうか、ドログバはベンチ入りして、出場までしていましたね。笑 この試合はアウェーながら首位と最下位の試合だったので、どうせドログバを出場停止に処するならこの試合からにして欲しかったんですけど。

ただドログバが出場停止、ディ・サントがケガで離脱となるとCFの控えが不在になりますね。カルーが控えになるとは思いますが、ここにきてピサロとシェヴァを一気に放出してしまったツケが回ってきましたか…。
アネルカさん、得点を取ることももちろん頑張って欲しいですけど、まずはケガしないでくださいね!


バラックは久々の登場となりました。



状態が万全ではないと思われるデコと交代出場するかと思っていましたが、カルーとの交代でしたね。ランプス、デコ、バラックの3人が並ぶのは開幕戦以来でしたかね?

この3人の共存は容易ではないと思うので、ケガ人が復帰してきたここからがむしろフェリポンの腕の見せ所なのかもしれません。実力は疑いようのない選手ばかりなので、シェヴァみたいな選手を作らないようにお願いします!


さて、約1ヶ月前に懸念していたことが今現実となってしまいました。テリーの離脱です。



テリーの代わりにCBを務められる選手がいればダメージも少ないのですが、カルヴァーリョもアレックスも離脱中ということで、試合終了間際にはフェレイラがCBを務めるということになってしまいましたね。

イバノビッチは悪くないパフォーマンスを披露していたらしいのでそこは1つの収穫でしたが、CB4人中3人が負傷するってどういうことなんでしょう…。しかもまだ開幕してから3ヶ月なんですけどね。

イバノビッチは完全にベン・ハイムより上ですね。ってゆーかベン・ハイムは去年チェルシーに何をもたらしてくれたのでしょう。苦笑 チェフの顔に50針のケガを負わせたことしか覚えてません。苦笑

チェルシーの守備陣の負傷の多さは今に始まったことではないので、チームとしてのケガ対策に疑問を感じることを禁じえません。CBはスタミナの消耗が少ない代わりに、特にプレミアでは肉弾戦が多く、負傷のリスクも他のポジションよりも高いのかもしれませんが、どうにかして欲しいです…。これじゃどんなに戦力を整えても勝てませんし。

そう言えば、インテルも開幕あたりにCB陣に故障が相次いでカンビアッソがCBに起用されるなんてことがありましたね。インテルはマテラッツィ、キブ、サムエル、コルドバ、ブルディッソ、リーバスとCBは6人もいるんですけどね。モウリーニョが監督になるとCBが故障しやすくなるんでしょうか。


長くなりました。その他試合及び順位表などは続きにて。

マンチェスター・ユナイテッド5−0ストーク・シティ
<得点者>
C.ロナウド(4分)、(89分)、キャリック(45+1分)、ベルバトフ(49分)、ウェルベック(84分)

デラップのロングスローでもしかしたら勝ってくれるなんて思ってましたが、甘かったですね。笑

ロナウドもそろそろ量産体勢かもしれませんね。


ボルトン0−2リバプール
<得点者>
カイト(28分)、ジェラード(73分)

後半15分にキーンに代わってトーレスが登場しました。トーレスは代表戦にも招集されたようですし、本格復帰も間近かもしれません。またリバプールがパワーアップしてしまいます。笑


アーセナル0−2アストン・ヴィラ
<得点者>
O.G.(70分)、アグボンラホール(80分)

アーセナルは試合開始からあまりいい所がなかったようですね。前半にもPKを献上していたようです。(アシュリー・ヤングが失敗)

アデバヨールはケガで離脱中かと思っていましたが、途中出場しています。さすがにベントナーでは厳しいようですね。

トゥーレはサーニャとの交代で後半72分に出場していますが、控えになってしまったのでしょうか?シルベストルが加入したとはいえ、アーセナルの最終ラインは意外と層が厚いみたいです。

まぁとりあえずは、ヴィラGJですね。


フラム2−1トットナム
⇒完全復活を果たしたかと思いましたが、少々の足踏みのようです。

ニューカッスル2−2ウィガン
⇒最後の10分で両チーム合計3点が入るなかなかファンタスティックな展開でした。オーウェンが得点しています。

ブラックバーン1−2サンダーランド
⇒シセが決勝弾。

ウェストハム0−0ポーツマス


今晩エバートンvsミドルスブラとハルvsシティの2試合が行われますが、一足先に13試合を終えての順位表と得点ランクを。

1(32)チェルシー
2(32)リバプール
3(24)マンチェスター・ユナイテッド※
4(23)アーセナル
5(23)アストン・ヴィラ
6(20)ハル・シティ※
7(18)エバートン※
8(18)ポーツマス
9(17)フラム※
10(17)ミドルスブラ※
11(15)サンダーランド
12(14)ボルトン
13(14)ウェストハム
14(14)サンダーランド
15(13)マンチェスター・シティ※
16(13)ウィガン
17(13)ニューカッスル
18(13)ブラックバーン
19(12)トットナム
20(11)WBA

1試合消化が少ないチームには※が付いています。

ヴィラがアーセナルとの直接対決を制したので、勝ち点では並びました。これでチェルシーが月末にアーセナルを下してあげればヴィラが4強入りでしょう。

中下位はまだまだ団子状態ですが、これまでの戦いぶりを見ると、WBA、ブラックバーン、ボルトン、ウェストハム、サンダーランド、ニューカッスルあたりが危ない気がしますね。ウィガンは冬にザキとへスキーを一気に放出すると危ない気はします。

首位争いはというと、今年のアーセナルはさすがに勢いはないみたいなので、3強争いになりそうです。今年のリバプールは勝ち点をなかなか落としてくれなさそうなので、最後までリバプールは競争相手になりそうです。ユナイテッドは来日あたりにコンディションが崩れる気がしますが、ジンクス通りCLの決勝Tで1回戦敗退ならリーグ戦に全精力を注げますので、怖い相手であることに変わりありませんね。


得点ランクはこちら。

1(12)ニコラ・アネルカ
2(8)クリスティアーノ・ロナウド
2(8)アムル・ザキ
4(7)ガブリエル・アグボンラホール
4(7)ロビーニョ
4(7)ダレン・ベント
7(6)ジャーメイン・デフォー

アネルカが独走しているのは変わりないですが、ロナウドが早くも2位に浮上してきましたね…。彼にはFKとPKがあるのでアネルカと争うとアネルカは分が悪い気もしますが、やはりどうせならチェルシーの選手に得点王に輝いて欲しいので、これからも点を取り続けて欲しいです。

上位7人の中にイングランド人が3人(アグボンラホール、ベント、デフォー)いるのは良いことですね。ユナイテッドがロナウドを生かすようになってからルーニーが点取り屋ではなくなり、代表に影響しないかと心配していましたが、プレミアで2試合に1得点のペースで点を取れていれば、ある程度は世界にも通用するでしょうからね。カペッロがどのような采配をするかは分かりませんが、この3人(特にアグボンラホール)を中心にチームを作っていって欲しいです。

ではまた来週。


スポンサーサイト

  • 2008.12.11 Thursday
  • -
  • 17:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ボジングワのマユゲパフォーマンスには笑ってしまいましたw
あとブリッジの画像もww

それにしてもアネルカは好調ですね〜。
あとバラック復帰は嬉しいですが
怪我人の多さには頭を悩まされますね・・・
ボジングワは確かに眉毛が太いですよね〜。
面白いキャラになっていそうですね(笑)
ブリッジは切なそうに見てるのが笑ってしまいました。ブリッジも中に加わってああいうパフォーマンスをしてほしかったです(笑)

ベン・ハイム、思い出したくないような選手ですが、チェフに怪我を負わせた事は許せないですよね(汗)今更ですけど・・・。
  • sky
  • 2008/11/17 10:59 PM
>>銀杏さん

これは何度見ても笑えますね。笑
ブリッジもプレー同様に良い働きをしてくれています。笑

アネルカは、プレシーズンのミラン戦でもしかしたら今年は?とは思っていましたが、ここまでとは思いませんでした。
記事にも書きましたが、バラックの復帰で中盤は飽和気味なので、ここからフェリポンの采配に期待です!
テリーはここまで代表も含めほぼ休みなく休みなく戦ってきたので少々の離脱は致し方ない気もしますが、アレックスの離脱の早いこと…。苦笑
個人的に好きなイバノビッチに出場機会が回ってくるのは有り難いですが、まさか4分の3が故障するとは思いませんでした。めでたく代表に選ばれたマンシエンでも呼び戻せれば良いんですけどね。


>>skyさん

ボシングワはポルトガル代表ということで、フェリポンと選手のいい仲介役を担ってくれてるのかもしれませんね。
彼のインタビューなどは見たことはほとんどありませんが、ラテン人らしくきっと陽気な性格なんでしょう。
ブリッジには自分でゴールを決めて何か面白いことやって欲しいです。笑

あのケガの後のチェフの声明は悲壮感漂ってましたからねぇ…。ちゃんとベン・ハイムへの気遣いも忘れず、チェフはホントにいいヤツです。
そういえば、ベン・ハイムもマユゲ相当太かったですね。笑
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM